MENU

E-スマの小学生授業内容を紹介!他塾さんが真似できない(であろう)工夫⑧ 「(驚きの)授業料」編

夏期講習
受講生募集中
詳細はこちらから

目次

学習塾E-スマの小学生授業

学習塾E-スマでは小学生の成績を上げるためにいくつかの工夫を入れています。

今回は学習塾E-スマの小学生授業を紹介するブログ第8弾「(驚きの)授業料」です。

学習塾E-スマの小学生「授業料」

これまで7回に渡って小学生の成績を上げるための工夫を紹介してきました。

「電子黒板」を使用し、算数は「少人数(6人まで)の集団指導」にて指導を行い、「宿題ノート」を2冊用意することで、理解度の確認レベルを高め、「宿題日」により無料の補習授業を行い、「国語・英語」の授業はプロ講師が先生1人に生徒3人までの1:3の個別指導にて指導を行い、「DOJO」にて基礎力を向上させ、「授業外サービス」にて保護者の方との連携を密に行いながら保護者の方の不安をなくす、これらすべてが学習塾E-スマに通う小学生の成績を上げるための工夫となっています。
(これまでの7回の内容を一文でまとめてみました)

では実際に通っている方々はどれくらいの授業料で通っておられるのか、今回は「(驚きの)授業料」として、学習塾E-スマの思いとともにご紹介します。

(これまでの内容はこのブログの最下部にリンクがあります。)

学習塾E-スマに通うことができる小学生は?

学習塾E-スマでは通塾いただくにあたっていくつかの条件があります。

①小学3年生~6年生であること

学習塾E-スマに通うことができる小学生の対象学年は「小学3年生~6年生」となっています。

なぜ1、2年生を対象としていないのか?ですが、単純に私たちの主要教材である「フォレスタ」が小学校3年生からを対象とした教材になっているからです。なので深い意味は全くございません。

今後需要があれば検討していきます。

②公立小学校に通っていること

学習塾E-スマの授業は「学校の先取り学習(学校よりも少し早いペースでの指導)」にて行います。算数は少人数の集団指導ですが、公立小学校のペースに合わせた指導を行います。国語に関しては小学校で使われている教科書の準拠教材にて指導しています。

私立小学校や国立小学校の場合には、学校によってペースや指導レベルが異なるため、集団指導で授業進度を確保することが困難になります。そのため私立小学校、国立小学校の方は入塾をお断りしております。

公立小学校専門塾とすることで、公立小学校の授業に特化した指導ができるため、質の高い授業内容を提供することが可能となっています。

③中学受験をしないこと

上記で説明した通り、学習塾E-スマでは公立小学校の授業内容を先取り学習として指導しています。そのため、中学受験用の難易度の高い問題などを扱うことはしていません。

また、これは私たちの考え方ですが、「中学受験を指導するには自身が中学受験を経験しているべきである」と考えています。

中学受験は高校受験や大学受験とは大きく異なるものだと考えています。受験生の思いや辛さはもちろん、保護者の方の負担も雲泥の差があります。

中学受験に必要な知識を伝えることや演習量を準備すること、データや情報を収集することは私たちでも可能です。しかし、中学受験をする受験生の気持ちや保護者の方の思いや負担を、「100%理解すること」は中学受験を経験していない限りは不可能だと考えています。

私たちは二人とも中学受験未経験ですので、今後もこの方針を変更することはありません。

④一学年12名までの募集であること

学習塾E-スマでは「中学生の募集人数」を制限しています。一人ひとりと向き合いたい、その思いから学習塾E-スマを開業しているからです。

学習塾E-スマの中学生の募集人数は「2023年度は各学年12名まで」となっています。そのため、中学1年生に進級する際に12名を超えた募集ができません。

こういった理由により小学生も各学年12名までに限定しております。

(2024年度は小学生の募集を各学年10名までに変更する可能性がございます。)

学習塾E-スマの小学生授業料は?

前置きが長くなりましたが、小学生の授業料(税込み)をご紹介します。

上記が小学生の授業料となります(英語は小学5年生、6年生のみ受講可能です。)。

このほかに教室管理費として1,650円が必要となります。1科目でも3科目でも教室管理費は変動しません。
(教室管理費にはコピー代、冷暖房費、塾総合保険、生徒管理システム費、備品使用料などが含まれます。)

毎月の授業料はどれくらい?

では実際に通った場合にはどれくらいの授業料になるのかですが、例えば算数とDOJOの「計算」を受講した場合で見ていきます。

例①:算数+DOJO(計算)受講の場合

授業料(税込み)
算数[6人までの集団指導](50分):2,200円
DOJO[タブレット](計算)(50分):1,100円
教室管理費:1,650円

上記の受講パターンの場合には1か月の授業料が4,950円となります。
週100分でプロの指導を受けることができます。この授業料であれば、恐らく他塾さんよりも圧倒的に授業料が安くなっているかと思います。

例②:国語・算数・英語の3科目受講の場合

授業料(税込み)
算数[6人までの集団指導](50分):2,200円
国語[3人までの個別指導](50分):2,200円
英語[3人までの個別指導](50分):2,200円
教室管理費:1,650円

国語、算数、英語の3科目受講の場合には1か月の授業料が8,250円となります。
週150分で国語と英語はプロの個別指導になります。3科目で教室管理費を含めて8,250円、全てプロ講師の指導というのは他塾さんではマネすることはできないのではないでしょうか?

なぜこの授業料で指導をするのか?[学習塾E-スマの思い]

この授業料に設定したのには理由があります。

私たちは18年以上にわたって数千人の中学生の指導を行ってきましたが、勉強に困って塾を選ばれる方の多くが「小学校内容でつまずいている」方ばかりでした。

例えば、中学1年生の秋~冬にかけて入塾される方の場合には、1学期の授業内容の理解ができていない方が多くいらっしゃいます。
いざ1学期内容の復習からスタートしようとすると、「分数の計算」、「小数の計算」ができない生徒が多く、1学期に学校についていけなくなってしまった要因が「小学校内容がわからないため」という生徒ばかりでした。

そうすると成果を出すまでに数か月かかってしまいます。もちろん中には小学校の基礎がしっかりしている生徒もおり、そういった生徒の場合にはすぐに点数として成果が出ます。

中学校に入学しても勉強でつまずかないようにするために

私たちは中学校に入学してから勉強につまずく生徒に出会う中で、「早い段階から準備をしてあげたい」と強く思うようになりました。

そこで、学習塾E-スマを開業するにあたって、「小学生の授業料は可能な限り通いやすい料金設計にしよう」と決めました。それが、現在の授業料になっています。

中学入学直前では遅い?

たくさんの塾が中学入学前に「中学準備講座」という形で中学校の先取り学習を行います。しかし中学準備講座はあくまで先取り学習のため、小学校の内容にはほとんど触れません(塾によっても異なります)。

中学校で本当に成果を出し続けるためには「小学校内容の理解」が必要不可欠なのです。

小学校の内容は小学校の間に理解しておくことで、生活が一変する中学校生活の勉強面での負担が大きく軽減されます。
(小学校と中学校の違いに関してはこちらを参考にしてください。)

学習塾E-スマの小学生に対する考え方

これまで数回にわたり学習塾E-スマの小学生授業をご紹介してきました。

私たちは小学生の授業の位置づけを「中学校入学に向けた万全の準備」としています。

もちろん現状で小学校の授業についていけない方でも同様です。小学校の間に小学校内容の復習を行い、学校授業の内容が理解できる状態にし、小学校内容を一つ一つ定着させていきます。

中学校に入っても勉強が負担にならずに部活やクラブ、習い事など、生徒自身がやりたいことに全力で取り組むことができるようにしたい、これが学習塾E-スマの小学生に対する考え方です。

いま勉強に困っている方、中学校入学に不安を感じておられる方、勉強についていけているかどうかがわからない方、どんな些細な悩みでも解決いたします。ぜひ一度E-スマへご相談ください。
(他塾さんに通塾中で勉強に困っておられない方はそのままの環境で継続されることをお勧めいたします。)

学習塾E-スマの無料体験はこちらから

これまでの内容はこちらから

成績を上げる工夫①「電子黒板」編

成績を上げる工夫②「少人数集団指導」編

成績を上げる工夫③「算数の宿題」編

成績を上げる工夫④「宿題日」編

成績を上げる工夫⑤「国語・英語」編

成績を上げる工夫⑥「DOJO」編

成績を上げる工夫⑦「授業外サービス」編

お問い合わせ

お電話、LINEにてお問い合わせを承ります。

TEL052-908-5808

お電話でのお問い合わせはこちら

LINE@452jrrra

LINEでのお問い合わせはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次