MENU

E-スマの小学生授業内容を紹介!他塾さんが真似できない(であろう)工夫①「電子黒板」編!

目次

学習塾E-スマの小学生授業

学習塾E-スマでは小学生の成績を上げるためにいくつかの工夫を入れています。

恐らくどこの塾さんでもここまでの内容全てを提供しておられるところはないと思います。

本日から数回に分けて学習塾E-スマの小学生内容を紹介していきます。

電子黒板による授業

教育業界でのICT活用が推進されているなかで、学習塾E-スマでは授業において電子黒板を使用して授業を行っています。

電子黒板の活用は各学校でも推進されているので、今後は黒板やチョークといったものが学校からなくなっていくと思われます。

学習塾E-スマで使っている電子黒板ELMOの導入事例

電子黒板を使用するメリット

電子黒板を使用することのメリットは簡単に言うと授業の質が大幅に上がります。

例えば6年生が習う算数の図形問題で「点対称」という単元があります。「一つの点を中心として180度回転させたときに、もとの図形にぴったりと重なる図形」なのですが、黒板に図を書いた場合には180度回転させるというイメージがなかなか伝わりにくくなります。

一方で電子黒板を使用した授業の場合には書いた図形を自由に動かすことができるため、実際の回転イメージを体感させることが可能となります。

他にも、電子黒板に書いた内容を保存することができたり、動画を流す、Webで検索して写真を見せる、などなど授業の幅が大きく広がります。

電子黒板を使用する最大のメリット

学習塾で電子黒板を活用するうえで、最大のメリットと言えるのは「板書が不要」という部分だと思います。

一般的な集団指導の場合(学校もそうですが)、授業中に黒板に書く(板書する)時間が発生します。算数であれば図形を書く時間や、国語や英語であれば本文を書く時間などが必要となります。実際授業時間の3~4割は板書の時間に使われています。

電子黒板はテキストや図形などのデータを取り込むことができるため、板書の時間がほとんど必要ありません。そのため授業時間の大半を指導する時間に充てることができます。

授業時間の中で板書の時間が削減できるとその時間を生徒対応に使える、一つの単元の理解を深める時間に使える、復習の時間に使うことができる、などなど授業の質、量ともに格段にアップすることができます。

次回は少人数集団指導に関して

学習塾E-スマでは小学校の算数授業(中学生は英語・数学の授業)において電子黒板を活用した授業を行っています。

私自身、これまでにもホワイトボードによる集団指導は経験していましたが、電子黒板を使用した授業を行ったことはありませんでした。電子黒板を使用した授業では生徒の理解力が格段に上がっていると感じます。

図形などをイメージできることや画像・動画を見せることができるといったこともあるのですが、学校とは違った授業スタイルで生徒の関心・意欲が高まっていることが関係しているのだと思います。

次回の学習塾E-スマ小学生授業の工夫は「少人数集団指導」について紹介していきます。

お問い合わせ

お電話、LINEにてお問い合わせを承ります。

TEL052-908-5808

お電話でのお問い合わせはこちら

LINE@452jrrra

LINEでのお問い合わせはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次